捻挫・打撲でお悩みの方へ

捻挫・打撲によくある症状

  • サッカーの練習中に足首を強く捻った

  • 転倒した際に
    膝を強打した

  • 肩に
    デッドボールを
    受けた

  • アメフトで
    相手選手と
    ぶつかった

捻挫・打撲は誰にでも起こります

捻挫、打撲はスポーツ現場ではもちろん、

「階段を踏み外す」「タンスの角に足をぶつけてしまう」

など、日常的生活でも十分に起こりえるケガです。

 

捻挫・打撲は身体がどうなっており、どう対処すればよいのでしょうか?

 

本記事ではそんな身近な「捻挫・打撲」をテーマに、

症状・原因」と「対処法」についてまとめています。

捻挫・打撲でお悩みの方へおすすめのメニュー Recommend Menu

捻挫・打撲、原因や症状を詳しくご紹介します

スポーツや日常生活で身近な「捻挫」「打撲

このとき、身体は一体どのようになっているのでしょうか?

こちらでは捻挫、打撲の症状や原因についてご紹介します。

 

 

【捻挫】

 

関節に強い「捻り」の力が加わることによって、関節まわりの靭帯や腱が損傷してしまうケガのことを言います。

関節であればどこでも起こりえますが、捻挫は主に「足首」に発生しやすくなっています。

 

・内出血、腫脹

受傷時の外力によって血管が損傷され、内出血、腫脹(腫れ)が出現します。

受傷直後は特に内出血が見られなくとも、時間が経つにつれて患部が腫れてきて、身体の末端部分にまで腫脹が広がっていくこともあります。

 

・圧痛

関節全体に痛みはでますが、特に損傷した靭帯に限局した圧痛(押した時の痛み)がみられます。

足関節の捻挫であれば、外くるぶし前方(前距腓靭帯)あたりに圧痛が出現することが多いです。

 

・関節の不安定性

関節を支えている靭帯が緩んでしまうので、関節がグラグラとして不安定になります。

 

 

【打撲】

 

身体の局所に鈍的な外力が加わることにより、皮下組織(皮下脂肪、筋肉、腱、血管、神経)が損傷してしまうケガになります。

 

・内出血、腫脹

受傷時の外力によって血管が損傷し、内出血、腫脹(腫れ)が出現します。
打撲直後は痛みや内出血が特に見られなくても、時間が経つにつれて患部に腫脹が出現し、徐々に痛みが増していく場合が多いです。

頭部を打撲した場合には「たんこぶ」が見られることもあります。

軽くぶつけた程度であれば大丈夫ですが、「強くぶつけた」「意識障害、記憶障害がある」「吐き気がある」場合は、速やかに脳外科を受診して詳しく検査してもらうことをおすすめします。

 

捻挫・打撲をしてしまったら?すばやく対処することが大切です

捻挫や打撲はよくあること、として放置してしまっていませんか?

ケガの放置や、適切でない対処によってはケガを悪化させてしまったり、後遺症につながることもあります。

 

いかに適切な応急処置を早急におこなえるか早期回復への大きな一歩となるのです。

 

ここでは、どのように対処していけばよいのか詳しくご紹介します。

 

 

【RICE処置】

 

負傷した際にはなるべく早く「RICE処置」を行うことが大切です。

 

・Rest(安静)

損傷が広がらないように患部を安静にします。

・Icing(冷却)

内出血、腫脹が広がらないように患部を冷却します。

ビニール袋や氷のうに氷を入れ、「患部の感覚がなくなるまで冷やす→冷却を一旦やめて痛みが出たら再度冷やす」を繰り返してください。

・Compression(圧迫)

内出血、腫脹が広がらないように患部を、包帯、バンテージ、テーピングなどで圧迫します。

・Elevation(挙上)

内出血、腫脹がたまらないように患部を心臓より高い位置に挙上します。

 

 

【POLICE処置が主流になりつつあります】

 

近年、Rest(安静)の部分がProtection(保護)+Optimal Loading(最適な負荷)の考え方に変わった、「POLICE処置」が主流になりつつあります。

 

・Protection(保護)

シーネや副え木などで患部を保護し、再受傷、悪化を防ぎます。

・Optimal Loading(最適な負荷)

患部に最適な負荷をかけます。

 

 

【なぜPOLICE処置の考えに変わってきたのか?】

 

今までは、「患部を動かさずに安静にすることが第一」だと考えられていました。

しかし、近年の研究により「患部を保護しつつも適度に負荷をかけた方が回復が早くなる」ことがわかってきたのです。

もちろん安静にすることは大事です。

しかし、安静にしすぎていることで筋ポンプが働かないため血流が悪くなり、回復に必要な栄養素が損傷部分に回らなくなってしまうのです。

 

 

【捻挫の日常でできる予防法】

 

捻挫では関節がゆるくなり、再受傷しやすい状態になってしまいます。

痛みや腫れがひいてきたら、リハビリで関節を支える筋肉を鍛えましょう。

 

足首の捻挫であれば、チューブなどで抵抗を加えながら足首を外側にひねるトレーニングが効果的です。

また、スポーツなどで激しい動きをする際は、サポーターやテーピングなどで足首を固定しておくと安心です。

 

千丸台接骨院【捻挫・打撲】アプローチ法

当院では、ケガの程度や状態に合わせて包帯固定やテーピングを用いて施術しております。

 

また、ケガによる痛みにはハイボルテージ(ハイボルト)という機器を用いて施術しています。

 

今まで修復することが難しいといわれ、固定を中心としていた筋肉や靱帯のダメージに対し、高電圧の刺激を浸透させることで、筋肉や靭帯の修復を早めます。

 

神経の興奮を抑えて痛みの軽減や、治癒促進などに利用できる「痛み」に特化した機器となっております。

 

症状が強く重症の方には、必要に応じて酸素カプセルを用いて施術期間を大幅に短縮させることができます。

酸素カプセルについてはご利用に不向きな方もいますので、ご利用できるかどうか伺いながらお使いいただいております。

著者 Writer

著者画像
院長:羽柴豪孝
●生年月日:1975年7月27日
●血液型:AB型
●趣味:仕事
●保有資格:柔道整復師
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:千丸台接骨院
住所〒240-0053 神奈川県横浜市保土ケ谷区新井町463 ニューハイツ石井 A-16
最寄:相模鉄道本線 西谷駅
駐車場:あり
                                 
受付時間
9:00〜
12:30

予約制
14:00〜
19:30
- -
日曜完全予約制※交通事故治療のみ

【公式】千丸台接骨院 Facebookアカウント 千丸台接骨院では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】千丸台接骨院 Facebookアカウント 千丸台接骨院では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】千丸台接骨院Facebook フォローお願いします!

  • 毎月お得なクーポン情報を発信しています
  • 新しいサービスなどのご案内をしています
  • キャンペーン情報などいち早く入手できます