保険診療

接骨院は保険診療を行っております!

接骨院はどのような時に行けばよいのか曖昧な場合が多いですよね。

こちらの記事で「接骨院の保険診療」をテーマにご紹介します。

保険診療を受ける方によくある症状

  • 踏み外して、
    足首を強く
    捻ってしまった

  • 指を挟んで
    しまい、
    腫れてきた

  • 転倒た際に、
    手首の骨が
    変形して腫れた

  • 急に走り
    出した際に
    太ももに痛みが
    走った

接骨院が取り扱っている保険とは?

接骨院の看板には「各種保険取り扱い」と書いてありますよね。

それでは、「保険」とはどういったものなのでしょうか。

こちらで詳しくご紹介します。

 

【健康保険とは?】

 

皆さんが病院で治療を受けた際に支払う窓口金は、実際にかかった治療費の一部になります。

 

3割(高齢者であれば1割)を窓口金で負担し、残りの7割(9割)は国民が毎月支払っている「保険料」からまかなわれているのです。

 

 

接骨院は厳密に言うと治療費ではなく療養費というのですが、仕組みとしては・・・

 

・患者が窓口で療養費の自己負担分を支払う
・接骨院側が組合などの保険者から残りの施術費用を請求する

 

という形になっており、患者は一部負担で済むような形になっているのです。

 

【適用される保険の種類】

 

・国民健康保険(国保)
・組合保険
・協会けんぽ
・共済組合
・前期(後期)高齢者医療

 

 

【保険診療と自由診療のメリット】

 

後ほど詳しく説明していきますが、接骨院では主に「日常生活でのケガ」が保険適用になります。

※骨折、脱臼に関しては応急処置のみ適用です。

 

ケガとは別に、使いすぎや疲労の蓄積によって身体に痛みが出ることはありますよね。

もちろんそのような症状に保険は使えませんが「自由診療」という形で施術を受けることはできます。

例えば、「足首の捻挫」を例にとると反対の足に荷重をかけがちになり、身体のバランスが崩れてしまいやすくなります。

保険診療でケガの処置をしつつ、自由診療で身体のバランスも一緒にケアしていくことで日常生活への復帰もスムーズに行うことができます。

 

接骨院では保険診療と自費診療をうまく組み合わせることも可能なのです。

接骨院で保険診療が適用される症状は?

街中に接骨院はたくさんありますよね。

ただ、そんな日常的に目にする接骨院でも「どういう時に行けばよいのか」がよくわかっていない方は多いのではないでしょうか?

こちらでは接骨院で保険診療が適用される症状についてみていきます。

 

【接骨院で保険が使える症状】

 

・骨折(骨が折れた)
・脱臼(関節が外れた)

 

骨折、脱臼に関しては、応急処置のみの適応となります。

 

その後の施術に関しては「医師の同意」が必要となります。

 

・打撲(ぶつけた)
・捻挫(捻った)
・挫傷(肉離れ)

 

打撲・捻挫・挫傷に関しては医師の同意なく、接骨院で保険を使って施術を受けることができます。

 

【慢性症状では保険は使えない】

 

接骨院を「保険が使えるマッサージ屋」と捉えてる方は多いのではないでしょうか?

しかし、接骨院では「急性(一回の強い外力)の外傷」が保険適用となりますので、以下のような症状では保険は使えません。

 

・慢性的な肩こり・腰痛
・リラクゼーションを目的としたマッサージ
・ケガの後遺症

など

また、急性のケガであっても整形外科と接骨院を併用していると、接骨院の施術に関しては保険がおりずに自費診療となってしまいますのでご注意ください。

千丸台接骨院【保険診療】アプローチ法


当院では各種健康保険を取り扱っております。

慰安目的のマッサージでは使えませんが、骨折や脱臼はもちろん、捻挫や打撲・突き指・ぎっくり腰・寝違え・肩の痛みや手足のしびれなど、

幅広い症状に健康保険を使って対応できます。

 

患者様は窓口で1割~3割の少ない負担金で済むという利点があります。

 

保険診療についてわからないことがあれば、ぜひお気軽にお問い合わせください。

よくある質問 FAQ

  • ぎっくり腰、寝違いで保険は使えないのですか?
    いつ、どこで、どのように受傷したのかがはっきりしていれば、「挫傷」「捻挫」という形で保険適用になります。
  • 施術を受けた後に書類に署名するのはなぜですか?
    施術内容を確認するためになります。治療日数や施術部位に間違いがないかを確認のうえで署名を行ってください。
  • 骨折、脱臼の応急処置はどういうものか知りたいのですが・・・
    急激な外力によって折れた骨、関節を正常な位置に戻す「整復」や、再受傷しないための「固定」「後療法」になります。
  • 慢性的な腰痛、肩こりで接骨院に行ってもよいのですか?
    「急性のケガ」ではないので、保険は使えませんが「自費診療」という形であれば対応可能です。
  • 接骨院でレントゲンは撮ってもらえないのですか?
    接骨院ではレントゲン撮影は行えません。しっかりとした画像診断を受ける場合は整形外科になります。

著者 Writer

著者画像
院長:羽柴豪孝
●施術年数:30年
●生年月日:昭和50年7月27日
●血液型:AB型
●趣味:映画鑑賞
●保有資格:柔道整復師
●得意な施術:ぎっくり腰・慢性腰痛
●ご来院される方へ一言:長引く慢性的な痛みは『神経系』の症状の可能性が高いです。
整形外科に行ったけど改善しなかった、他の整骨院や整体に行ったけどダメだった・・・そんな方はぜひ当院の【神経系からの治療】を試してみてください。
今までにない神経系からのアプローチで、その痛みを消してみてはいかがでしょうか。
●施術へのこだわり:関節の可動域を増やしていく上で肝心なのは筋肉ではなく『神経』です。
筋・骨格系からの施術だけでなく、神経系からもアプローチすることで最短最速で痛みを取ることを目指します。

【経歴】
相模原市内にある接骨院にて11年半勤務後、2016年5月8日開院
 

当院おすすめメニュー Recommend Menu

交通事故治療ができる通院先案内なら「交通事故病院」

当院のご紹介 About us

院名:千丸台接骨院
住所〒240-0053 神奈川県横浜市保土ケ谷区新井町463 ニューハイツ石井 A-16
最寄:相模鉄道本線 西谷駅
駐車場:あり
                                 
受付時間
9:00〜
12:00

予約制
14:00〜
19:00
- -
日曜完全予約制※交通事故治療のみ