• 千丸台接骨院
  • TEL 045-381-3713

トレーニング、ダイエット、身体の痛み、その悩み!楽トレプログラムで解決できます!

<

Topページ >> 楽トレ

「楽トレ」とは「複合高周波EMS」を用いて、鍛えにくい身体の奥の筋肉「インナーマッスル」をはじめとする全身の筋肉を、楽に、しっかりトレーニングすることです。
柔軟性の高い良質な筋肉を作り、ダイエットはもちろん身体の衰えや痛みもケアします。

  • こんなお悩みに最適!
  • こんな効果が得られます!
  • 他のEMSとの違いは?

    こんなお悩みがある方に最適です!

    痛みがある部位のインナーマッスルをトレーニングして、痛み知らずの身体に!

    美しいプロポーションが作れる理由とは?

    運動が苦手な方でも大丈夫!身体を動かさずにらくらく
    トレーニング!

    美しいプロポーションが作れる理由とは?

    柔軟性の高いしなやかな筋肉を作り上げるトレーニングでパフォーマンスアップ!!

    筋力アップやスポーツ記録が向上する理由とは?

    お客様の声

    こんな効果が得られます!

    たった1ヶ月でウエストサイズがダウン!

    複合高周波EMSを当院で約1ヶ月使用したAさん。
    たるみや下垂が無くなり、「楽トレ」の筋肉運動により各部が引き締まりリフトアップされました。
    特に、ウエストに顕著な効果が出ています。
    さらにCT画像を見ても判るとおり、内臓脂肪が減少しスッキリとしました。

    背景

    膝痛(ひざ痛)、肩こりなど身体の不調の原因を回避!

    筋肉が衰えてくると、膝痛(ひざ痛)や肩こり、腕が上がらないといった様々な身体の不調の原因になります。
    楽トレで劣えたインナーマッスルをしっかりほぐし、鍛えることで痛みの原因を回避できます。

    背景

    関節の可動域が広がり、スポーツパフォーマンスがアップ!

    楽トレで腹部のインナーマッスルを鍛えることで、体幹を強化し、身体をしっかりと安定させることができます。
    また、楽トレのトレーニングは関節を支えるインナーマッスルをほぐし、柔軟性を高める為、関節の可動域が広がります。
    ゴルフの飛距離アップやランニングの持久力アップといったスポーツパフォーマンスを向上させます!
    (※効果には個人差があります。)

    背景

    こんな効果も出ています!

    EMSとは?

    EMSとは、Electrical Muscle Stimulationの略で、電気の刺激で筋肉トレーニングをする機械のことです。 1960年代に開発され、現在では、医療の現場やリハビリテーション等に使用されたり、スポーツ選手の筋肉トレーニングに活用されております。
    EMSによる筋肉収縮運動はご自身が身体を動かす必要がないので、楽に、かつ効率的な筋肉トレーニングが可能です。

    複合高周波は通電の深さが違います。

    複合高周波は、一般的なEMSでは届かない「インナーマッスル」まで電気信号が届き、効率的にトレーニングができます。
    一般的なEMSは低周波EMSと言い、深さ2〜3センチまでしか通電できないのに対し、複合高周波EMSは深さ15センチまでアプローチすることが出来ます。

    インナーマッスルとは?

    インナーマッスルは、骨や関節・内蔵を支え、全身のバランスを整えるのに非常に重要な役割を担っています。
    しかし、自分では鍛えにくい筋肉の為、年齢と共に衰えやすい筋肉でもあります。
    アスリートでも鍛えることが難しいと言われているインナーマッスルを、複合高周波EMSにより、楽にトレーニングすることができます。

    複合高周波ダブルインパクト波形の「楽トレ」ならインナーもアウターも鍛えます!

    現在の楽トレに用いるEMSは、複合高周波をさらに進化させた「ダブルインパクト波形」を搭載。「アウターマッスル」と「インナーマッスル」を同時に鍛えられるシステムです。





    楽トレを腹部に装着・通電し、エコー画像を撮ってみると・・・

    ダブルインパクト波形電通のインナーマッスル収縮効果

    日頃運動している20歳男性を被験者としています。
    電極パットを腹部に貼り付け、「ダブルインパクト波形」のシェイプアップモードで通電し、筋収縮の様子を非侵襲的な超音波測定器を用いて腹斜筋群、腸腰筋の筋収縮の動きをリアルタイムで測定しました。 被験者においては、浅層の筋(アウターマッスル)である外腹斜筋、内腹斜筋の収縮を認め、さらに深層の筋(インナーマッスル)である腹横筋と腸腰筋の収縮も認めました。
    次に同じ電極位置でインナートレーニングモードにて通電を行ったところ、特異的に腹横筋や腸腰筋のみが強く収縮していることが認められました。

    「ダブルインパクト波形」による通電結果から、スポーツ分野のみならず、内臓脂肪燃焼による生活習慣病の予防、日常生活動作ADLの改善による介護からの自立に効果的であることが考えられます。

    • 元鹿児島大学大学院
    • 医歯学総合研究科 助教授
    • 横山全身管理センター代表
  • 酸素カプセル
  • 楽トレ
  • ラジオ波
  • マッサージ
  • ストレッチメニュー
  • よくある質問
  • アクセス
  • 院長ブログ
  • Facebook
  • Ameba
  • mixi
  • twitter